Java EE

JJUG ナイト・セミナー 「Enterprise Java最新動向〜Java EE 8とMicroprofile〜」 3/21(火)開催

2017年3月は連休明け21日(火)に開催します。 Java EE 8やMicroprofileの最新情報をゲットしてみませんか。 皆様のご参加お待ちしております! お申し込み・アジェンダなどの最新の情報については、下記Doorkeeper募集ページをご確認ください。 https://jjug.doorkeeper.jp/events/58535 セッション終了後は懇親会も予定しています。こちらもぜひご参加ください。 開催概要 開催日時: 2017-03-21(火)19:00~21:00 (受付開始18:30) 会場: 日本オラクル株式会社 13階(東京都港区北青山2-5-8) 参加費: 無料(懇親会会費は2,000円、会場にて受領) 主催: JJUG 問い合わせ先: JJUG事務局 (office[at]java-users.jp)

In: Java EE ナイトセミナー

【東京】JJUG ナイト・セミナー 「入門Spring Boot&Spring Cloud」 1/23(月)、JSUG共催

2017年最初のJJUGナイトセミナーは、日本Springユーザ会 (JSUG) との共催にて、「入門Spring Boot&Spring Cloud」を開催します。 Springアプリケーションの構築・運用をサポートするツールであるSpring Boot、そしてSpring Cloudを紹介します。最新型のSpringアプリケーション構築・運用に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。 お申し込み・アジェンダなどの最新の情報については、下記Doorkeeper募集ページをご確認ください。 https://jjug.doorkeeper.jp/events/56143 セッション終了後は懇親会も予定しています。こちらもぜひご参加ください。 開催概要 開催日時: 2017-01-23(月)19:00~21:00 (受付開始18:30) 会場: 日本オラクル株式会社 13階(東京都港区北青山2-5-8) 参加費: 無料(懇親会会費は2,000円、会場にて受領) 主催: 日本Springユーザ会、JJUG 問い合わせ先: JJUG事務局 (office[at]java-users.jp)

In: Java EE Java SE イベント ナイトセミナー

JavaOne 2016報告会 @ 東京 10/15(土)開催

9月18日から22日にかけて米国サンフランシスコで開催されたJavaOne 2016の報告会を開催します。本報告会では、日本からJavaOneに参加された方々より、Java関連技術の最新動向について共有していただく予定です。 参加申し込み、および・アジェンダその他最新情報は、下記Doorkeeperページを御覧ください。 DoorKeeper: JavaOne 2016 報告会 @ 東京 懇親会と合わせてLT大会があります。こちらもふるってご参加くださいませ。 開催概要 開催日時: 2016-10-15(土曜)13:30 ~ 20:00(受付開始 13:00) 会場: 日本オラクル青山本社 13階セミナールーム 東京都港区北青山2-5-8 参加費: 無料 主催: JJUG、日本オラクル 問い合わせ: JJUG事務局 (office[at]java-users.jp)

In: Java EE Java SE イベント

Java EE Guardians: オンライン署名と、Oracleによる声明の紹介

Java EE Guardiansの活動の進展について続報をお知らせします。 Java EE Guardiansは、Java EEの仕様策定状況について改善を目指すための活動です。日本Javaユーザーグループは、Java EE Guardiansの活動を支援しています。詳細については前回記事「Java EE Guardiansへの支援表明と活動紹介」をご覧ください。 活動の一環として、Oracleの経営陣に対してJava EEを進展させるよう要請を行うオンライン署名キャンペーンがはじまっています。このキャンペーンは、7月9日時点で2,800人におよぶ署名を集めています。 Oracleに対してJava EEの進展を要請するオンライン署名: Tell Oracle to Move Forward Java EE as a Critical Part of the Global IT Industry これらの活動に呼応して、Oracleは7月7日に、Java EE 8仕様策定への尽力を約束する声明を発表しました。その内容は次のとおりです。 OracleはJavaにコミットしており、Java EEの次期仕様であるJava EE 8に関して明確な計画を持ち合わせています。Java EE 8は、クラウド上の大規模分散処理環境やコンテナ環境における、マイクロサービスを用いたアプリケーションを構想している開発者をサポートするものになることでしょう。OracleはJavaコミュニティの主要なパートナーと緊密に協力しながら仕様の策定を進めています。9月に開かれるJavaOneでは、Javaコミュニティ全体に詳細を共有します。 声明の原文: Oracle Issues Statement on Java EE 8 Oracleがコミュニティの要望を真摯に受け止め、Java EEについて肯定的なメッセージを表明したことは、今後のJava…

In: Java EE

Java EE Guardiansへの支援表明と活動紹介

日本Javaユーザーグループ(以下、JJUG)は、Java EE Guardiansの呼びかけに賛同し、その活動を支援することを表明します。そして、その活動内容を日本のJavaコミュニティに紹介します。 Java EE Guardiansとは Java EE Guardiansは、Java EEの仕様策定において、Oracleの推進力が弱まっていることを懸念し、この改善を目指すための活動です。 ご存知の通り、Javaに関する仕様策定はJCP(Java Community Process)を通じて行われています。Javaのサーバサイド仕様であるJava EEは、現在、Java EE 8の仕様策定に向けて議論が行われています。しかし、Java EE 8の仕様策定は遅延を始めており、そこで中心的な役割を果たすべきOracleの活動量が落ちている状態です。 JJUGで注目しているMVC 1.0においても、仕様策定を推進するスペックリードであるOracle社の人物がメーリングリストへ返信していない状態が続いています。同様な状況が他の仕様においてもうかがえます。 Java EE Guardiansは、こうした状況を懸念して結成され、James Gosling氏をはじめとした多くの人々やユーザーグループが活動への支援を表明しています。 Java EE Guardiansは、現状についてOracleへの改善要求を行い、Java EEの推進は推進力がある企業に移管していくべきである、といった提案を行っています。 より詳しい情報は以下のスライドを確認ください。 なぜ支援を行うのか JJUGは、Java EE Guardiansの呼びかけに賛同し、その活動を支援します。Java EEの活性が失われることは、Java全体の将来にとってよいことではありません。 日本においてJava EE Guardiansの活動を紹介し、OracleがJavaへの注力を弱めているという印象はJavaの未来への不安をかきたてることになるかもしれません。しかし、そもそもJavaはOracleだけのものではありません。Javaを使う人がいるからこそ、Javaは発展してきました。であれば、コミュニティがJavaの現状について懸念を表明し、健全な未来にむけて活動を行うのは重要だと考えます。 なお、この支援表明はJJUGが「Java EEの利用を強く推奨する」という意味ではありません。Javaのサーバサイド技術は多様です。しかし、Java EEがあるからこそJava技術の標準が明確になり、ベンダーも含めたエコシステムが生まれ、より多くのユーザーがJavaを利用する助力になっていることは間違いありません。 JJUGは、この取り組みへの支援を通じて、Java EEだけではなく、Java全体が活性化し、今後も定期的なリリースが行われることを強く望みます。 日本のJavaコミュニティの皆さんへ Java EE Guardiansが活動をおこなっているのは、Javaにおいてコミュニティ活動が健全に機能し、Javaの未来にむけて一致団結しているということを意味します。 ぜひ、この問題に対して議論してください。OracleをはじめとするJava EEベンダーへ話を聞いてみてください。そうした活動がJavaをより発展させるものと信じています。

In: Java EE

2015年11月14日(土) JavaOne 2015 報告会 @ 東京

10月25日から29日にかけて、米国サンフランシスコでJavaOne 2015が開催されます。本報告会では、日本からJavaOneに参加された方々より、Java関連技術の最新動向について共有していただく予定です。 セッション終了後、懇親会を実施予定です。参加される方は、会場にて会費をお支払いください。 タイムテーブル 13:00 – 13:20 Opening & JavaOne 2015 over all 伊藤 敬 (日本オラクル) 13:20 – 13:50 Impressions of JavaOne & Java trends 鈴木 雄介 (JJUG) 13:50 – 14:30 Java SE Update 久保田 祐史 (NTT) 14:30 – 14:45 休憩 14:45 – 15:25 Java SE 講演から 伊藤 博志 (Goldman…

In: Java EE Java ME Java SE JavaFX イベント

【募集終了しました】JJUG CCC 2015 Fall Call for Papers募集のお知らせ

募集終了しました。当落結果についてはしばらくお待ち下さい。 (English version below.) JJUG CCC 2015 Fallを2015/11/28(土)、ベルサール新宿グランドにて行います。 春のCCCと同じ場所です。 それに伴いCall for Papersの募集を開始いたします。 テーマの技術レベルに関しては、初心者向けからエキスパート向けまで、どのようなレベルでも構いません。 応募に関してご不明な点がありましたら、JJUG 事務局までお気軽にご連絡ください。TwitterのJJUGアカウント(@JJUG)にmentionいただいても構いません。 みなさまからのご応募をお待ちしております。 【参考】 JJUG CCC 2015 Spring – セッション JJUG CCC 2014 Fall – セッション 応募資格 Java技術(JVM含む)に関連する、もしくはかすっていると思われるテーマについて語れる方 JJUG CCC 2015 Fall開催日(2015/11/28)にスピーカーとして参加可能な方(時間は50分を予定) 必要事項 連絡用氏名(本名) 居住地(国名、県名) 連絡先(Eメール) セッション名 セッション概要 聴講者に求められるスキル(セッション難易度) セッション用氏名(ハンドルでも可) セッション用所属(コミュニティ名でも可) コミュニティ活動、BlogのURL、Twitterアカウントなど(過去の登壇実績があれば特に) その他、ご不明な点があればお書きください 応募方法 応募フォームより必要事項を記載の上、申し込みください。 募集締め切り 2015年9月30日(水)…

In: CCC Java EE Java ME Java SE JavaFX OSS

【東京】JJUG ナイト・セミナー「中上級者向け!Spring Bootハンズオン!」3/25(水)開催

イベント概要 「はじめての Spring Boot」の著者@makingを講師にSpring Bootのハンズオンを行います。 初心者から一歩進んだ使い方をハンズオンで学びましょう! 今回のJJUGナイトセミナーは中上級者向けのハンズオンとなっております。予めご留意ください。 【東京】JJUG ナイト・セミナー「ビギナーからエキスパートまで、Javaの今をクイズと書籍で知ろう」2/25(水)開催 Spring Bootとは 次のような特徴をもったプロダクトです。 Spring Frameworkを用いたアプリケーションを簡単に構築する仕組み MavenまたはGradleに依存関係を追加するだけで設定などを自動でしてくれる java -jarコマンドで実行可能なオールインワンなJARを作成できる Spring Bootを使えば手軽にサクサクとアプリケーション開発をすることができます。 ハンズオン詳細 Spring BootとOpenCVで作る顔画像変換サーバー 単純なCRUDアプリ作成に疲れたあなた。面白アプリを作りましょう! Spring Bootならインフラ周りの設定が一切不要で、純粋にアプリ開発を楽しめます。 お題は顔画像変換サーバーです。 写真をアップロードして加工するサービスを作ります。 機能追加を通じてSpringアプリケーション開発のエッセンスも混ぜていきたいと思います。 本ハンズオンではSpring Bootというよりも純粋にJavaプログラミングの楽しさを改めてお伝えしたいと思います。 (「はじめてのSpring Boot」サインできます!) 当日の持ち物 ノートPC(必須) 参考書籍:はじめてのSpring Boot (持ってると安心です) 事前準備 下記ページに沿ってSpring BootとOpenCVの準備を必ず行ってください。 Spring BootでHello World JavaでOpenCVを使う 当日はこの2章分の作業時間はありません。参加予定の方は必ず実施しておいてください。 予習:当日の資料を予習しておくと理解がしやすくなります。 ハンズオン資料 大阪での参加レポート 本ハンズオンは3/7に大阪で実施しました。参加された方のレポートもありますので、参考にしてください。 http://backpaper0.github.io/2015/03/08/spring_boot_camp.html…

In: Java EE OSS

CCC 2015 Spring Call for Papers【募集終了しています】

JJUG CCC 2015 Springの開催が2015/4/11(土)、ベルサール新宿グランドにて行われることが決定いたしました。 それに伴いCall for Papersの募集を開始いたしました。 テーマの技術レベルに関しては、初心者向けからエキスパート向けまで、どのようなレベルでも構いません。 応募に関してご不明な点がありましたら、JJUG 事務局までお気軽にご連絡ください。TwitterのJJUGアカウント(@JJUG)にmentionいただいても構いません。 みなさまからのご応募をお待ちしております。 【参考】 JJUG CCC 2014 Fall – セッション JJUG CCC 2014 Spring – セッション 応募資格 Java技術(JVM含む)に関連する、もしくはかすっていると思われるテーマについて語れる方 JJUG CCC 2015 Spring開催日(2015/4/11)にスピーカーとして参加可能な方(時間は50分を予定) 必要事項 連絡用氏名(本名) 居住地(国名、県名) 連絡先(Eメール) セッション名 セッション概要 セッション用氏名(ハンドルでも可) セッション用所属(コミュニティ名でも可) コミュニティ活動、BlogのURL、Twitterアカウントなど その他、ご不明な点があればお書きください 応募方法 応募フォームより必要事項を記載の上、申し込みください。 募集締め切り 2015年2月28日(土) 選考方法および結果発表 3月開催のJJUG 幹事会にて選考し、選考結果については3月中旬に、応募者に直接連絡させて頂きます。 その他 関東圏以外に在住の方が選定された場合には、交通費を一部支給(新幹線、飛行機代等については全額)させて頂きます。 ※宿代に関しては申し訳ございませんがご負担ください。…

In: CCC Java EE Java ME Java SE JavaFX OSS

JJUG ナイト・セミナー「Javaパラレル処理の最前線」9/17(水)開催

9月のナイトセミナーはJavaにおけるパラレル処理について様々な話題を取り上げます。 近年、CPUコアあたり性能の頭打ちとマルチコア化の進展の中で、パラレル処理が改めて注目を集めています。Javaの世界でも、様々な並列計算モデルの実用化や、コンカレンシーユーティリティの整備などにともなって、パラレル処理の実現方法は、スレッドとモニタによる伝統的なマルチスレッドプログラミングから様変わりしています。 今回のセミナーでは、パラレル処理にかかわる様々な話題を取り上げ、Javaの世界におけるパラレル処理の一端をご紹介します。 【東京】JJUG ナイト・セミナー「Javaパラレル処理の最前線」9/17(水)開催 セッション一覧 19:00- 櫻庭祐一さん (@skrb): Legend of Java Concurrency/Parallelism 19:25- 槙俊明さん (@making): そんなリザルトキャッシュで大丈夫か? 19:50- 休憩 20:00- 久保智さん: Java EEでの話(仮) 20:25- きょんさん (@kyon_mm): Groovyで学ぶプロセス代数 20:50- 谷本心さん (@cero_t): LT: Parallel Streamを真面目に勉強してみた話 セッション詳細 19:00- 櫻庭祐一さん (@skrb): Legend of Java Concurrency/Parallelism Java は 1.0 の時からマルチスレッドをサポートした、その当時としては希有な言語でした。もちろん、Javaが登場した頃はパラレルではなくコンカレンシです。マルチコア時代になり、Javaでもコンカレンシからパラレルに移行し、更に粒度によって複数のパラレル処理の手法もとれるようになりました。 そこで、本セッションでは、Java のコンカレンシ/パラレルの歴史をひもとき、手法のおさらいをしていきます。 Legend of Java…

In: Java EE Java SE イベント ナイトセミナー